令和二年度 茨城県立こども病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1856 612 26 - - - - - - -
当院は小児専門病院のため、20歳未満の退院患者数は全体の99%を占めています。
※患者数が10未満の場合は,-(ハイフン)で表示しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
新生児内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 73 21.89 11.19 4.11 0.00
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 72 10.06 6.13 9.72 0.00
140010x299x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等21あり 25 30.04 21.72 4.00 0.00
140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等21あり 23 15.13 10.91 4.35 0.00
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等22あり 23 24.65 28.12 0.00 0.00
当診療科では、主に、出生体重2000g未満の未熟児/低出生体重児、先天性心疾患、先天奇形、新生児仮死、新生児痙攣などに対する治療を行っています。
小児血液腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx99x2xx 急性白血病 手術なし 手術・処置等22あり 114 7.38 12.61 0.00 7.69
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 110 28.7 38.35 0.00 8.25
03001xxx99x40x 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 38 4.66 9.94 0.00 8.16
130010xx99x0xx 急性白血病 手術なし 手術・処置等2なし 33 1.79 7.68 0.00 11.64
100180xx97x1xx 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等21あり 17 34.71 28.91 0.00 4.18
当診療科では、小児の白血病、リンパ腫、固形腫瘍といったいわゆる「小児がん」 や血液疾患などに対して、化学療法や造血幹細胞移植といった治療を行っています。
小児循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 39 3.03 4.31 0.00 4.69
14031xx19910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 14 5.14 4.32 0.00 0.00
150070x0xx01xx 川崎病(2歳以上) 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 14 7.14 10.19 0.00 3.57
14031xx004x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 経皮的肺動脈形成術等 手術・処置等2なし 10 4.40 5.77 0.00 3.70
150070x1xx01xx 川崎病(2歳未満) 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり - - 10.15 - -
当診療科では、生まれつきの心臓の病気(先天性心疾患)や不整脈、川崎病、心筋炎や心筋症などに対する治療を行っています。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
小児内科(総合診療科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 56 6.27 7.48 0.00 6.32
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 44 6.50 13.00 0.00 3.48
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1なし 37 2.38 2.44 0.00 6.05
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2なし 34 2.82 3.96 0.00 1.79
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 32 6.94 6.47 0.00 4.06
当診療科では、呼吸器疾患(気管支炎や肺炎など)、感染症、腎臓病、神経疾患など多様な病気に対する治療を行っています。
小児神経心療内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 12 1.92 7.48 0.00 6.17
010110xxxxx0xx 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2なし - - 12.40 - -
010110xxxxx4xx 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等24あり - - 16.95 - -
030250xx990xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1なし - - 3.46 - -
010130xx99x0xx 重症筋無力症 手術なし 手術・処置等2なし - - 13.46 - -
当診療科では、てんかん、熱性けいれんなどのけいれん性疾患、脳性麻痺、知的障害、自閉症、注意欠陥多動症などの発達障害、重症筋無力症、筋ジストロフィーなどの神経筋疾患に対する治療を行っています。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 131 1.43 2.79 0.00 3.60
040310xxxxxxxx その他の呼吸器の障害 70 4.03 10.94 1.43 8.06
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 27 2.67 5.44 0.00 11.96
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病なし 23 5.43 7.17 0.00 10.91
14044xxx99x0xx 直腸肛門奇形、ヒルシュスプルング病 手術なし 手術・処置等2なし 14 4.07 6.11 0.00 4.07
当診療科では、鼠径ヘルニア、虫垂炎、喉頭軟化症、声門下狭窄、食道閉鎖症、鎖肛、胆道閉鎖症など、幅広い小児外科疾患の治療に対応しています。
小児泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患 手術なし 35 1.06 9.75 0.00 4.66
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 31 1.77 3.02 0.00 3.77
11013xxx02xxxx 下部尿路疾患 尿道狭窄内視鏡手術等 11 1.36 6.76 0.00 3.73
14056xxx97xxxx 先天性水腎症、先天性上部尿路疾患 手術あり 11 3.18 7.32 0.00 5.18
140580xx02xxxx 先天性下部尿路疾患 尿道形成手術等 10 10.50 9.34 0.00 1.10
当診療科では、急性陰嚢(精巣捻転など)、水腎症、膀胱尿管逆流、尿道下裂、神経因性膀胱、卵巣嚢腫、外性器異常、排尿障害など幅広い小児泌尿器科疾患の治療に対応しています。
小児脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010080xx97x0xx 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術あり 手術・処置等2なし 11 10.91 34.76 0.00 1.45
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - - 6.27 - -
140080xx97x0xx 脳、脊髄の先天異常 手術あり 手術・処置等2なし - - 13.59 - -
010010xx97x0xx 脳腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし - - 17.62 - -
140070xx01xxxx 頭蓋、顔面骨の先天異常 頭蓋骨形成手術 頭蓋骨のみのもの等 - - 23.79 - -
当診療科では、主に、水頭症などの先天奇形、脳脊髄腫瘍、脳血管障害、脳脊髄外傷などの治療を行っています。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1
大腸癌 - - - - - - 1
乳癌 - - - - - - 1
肺癌 - - - - - 21 1
肝癌 - - - - - - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は小児専門の病院であるため、白血病やリンパ腫などに対する治療は行っていますが、5大癌の症例件数はそれほど多くありません。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
当院は小児専門の病院であるため、成人市中肺炎の症例数は多くありません。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院は小児専門の病院であるため、脳梗塞の症例件数は多くありません。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
新生児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 40 0.00 74.00 2.50 0.00
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - - - - -
K639 急性汎発性腹膜炎手術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
新生児仮死とは、新生児にみられる呼吸循環不全を主とする症候群で、症状としては、呼吸障害、循環障害、筋緊張の減弱、けいれん、異常代謝などです。それらの疾患に対して行うのが新生児仮死蘇生術です。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
小児循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K570-3 経皮的肺動脈形成術 11 1.00 2.36 0.00 3.36
K570-2 経皮的肺動脈弁拡張術 - - - - -
当診療科では、主に先天性肺動脈弁狭窄などに対してカテーテルを用いた拡張術を行っております。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 109 0.05 0.25 0.00 3.80
K3892 喉頭・声帯ポリープ切除術(直接喉頭鏡又はファイバースコープによるもの) 61 0.62 1.90 0.00 7.80
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 27 1.15 1.37 0.00 11.81
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 22 0.14 1.05 0.00 3.50
K749 肛門拡張術(観血的) - - - - -
当診療科で最も多く行われている鼠径ヘルニア手術は、子どもたちの日常生活を極力壊さないよう日帰りや1泊2日の入院で行われています。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
小児泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K836 停留精巣固定術 31 0.10 0.58 0.00 3.74
K819 尿道下裂形成手術 10 2.90 6.60 0.00 1.10
K8591 造腟術,膣閉鎖症術(拡張器利用によるもの) - - - - -
K814 外尿道口切開術 - - - - -
K821 尿道狭窄内視鏡手術 - - - - -
当診療科では腎・尿路・性器における機能の回復などを目的に手術を行います。小児では臓器温存のために広義の形成手術が大多数を占め、摘出術や切除術を主とする成人の手術とは全く異なります。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
小児脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1381 脊椎披裂手術(神経処置を伴う) 19 2.58 16.11 0.00 2.53
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
K1382 脊椎披裂手術(その他) - - - - -
K1801 頭蓋骨形成手術(頭蓋骨のみ) - - - - -
K1911 脊髄腫瘍摘出術(髄外) - - - - -
当診療科では、水頭症などの先天奇形、脳脊髄腫瘍、脳血管障害、脳脊髄外傷などに対する手術を行っています。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 0.52
異なる - -
臨床上ゼロにはなりえないですが、少しでも改善すべきものとして、播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について、「入院の契機となった病名」と「入院中に最も医療資源が投入された病名」の同一性の有無を区別したうえで、症例数及び発生率を示しています。
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
更新履歴
2021/9/30
「令和二年度 茨城県立こども病院 病院指標」を公開しました。