医療安全に関する基本理念

茨城県立こども病院は、「将来を担うこどもの生命をまもり,心身ともに健やかに育てる」という理念のもと、茨城県における小児医療の中核的な役割を担う唯一の小児専門病院である。同時に安全な医療を提供する使命を負っており、安全で質の高い医療の提供には、各職員の不断の研鑽と努力が求められる。しかし、高度化、複雑化する医療環境において、個人の努力のみに依拠する医療事故防止には限界があり、組織的な安全管理体制が不可欠である。そこで、医療安全管理は職員一人ひとりの誠意と努力を基本とし、チ-ムで取り組むものとする。当院においては病院長のリ-ダ-シップのもと、全職員がそれぞれの立場からこの問題に向き合い、患者の安全を確保しつつ必要な医療を提供していくものとして積極的な取組みを要請する。

医療安全に関する基本的な考え方

医療安全は、医療の質に関わる重要な課題である。また、安全な医療の提供は医療の基本となるものであり、職員が、医療安全の必要性・重要性を自分自身の課題と認識し、医療安全体制の確立を図り安全な医療の遂行を徹底することが最も重要である。このため当院は、医療安全委員会及び医療安全管理室を設置して医療安全管理体制を確立するとともに、医療安全マニュアル(以下「マニュアル」という)を作成し、その遵守に努めることとする。また、インシデント事例及び医療事故の評価分析によりマニュアル等の定期的な見直しを行い、医療安全の充実強化を図る必要がある。

医療安全管理体制図


医療安全管理体制図

医療安全に関する規程